構造検査と輸入の樹脂サッシ

現場ではJIOによる構造検査がありました。
1時間以上に渡ってさまざまな検査をして頂きました。
金物の検査で3点指摘(一部ビスの抜けなど)がありましたが、その場で大工さんが直せるものばかりだったので、特に問題もありませんでした。
コンクリートの強度試験(写真左)や構造材の含水率(写真右)も基準値は楽々クリアしていました。

雨で若干遅れ気味ですが、来週には外部の構造用合板を貼っていき、貼り終えることがでました。
この合板が貼り終わったので、雨が中に入る心配もほとんどなくなりました。
サッシを取り付けて、この上からシートを貼れば水が入る心配はなくなります。

続けて輸入の樹脂サッシの取り付けを行いました。
基本的に上げ下げ窓が中心になりますので、設計に工夫が必要になります。
また外から見たときの家のバランスなども考えながらになりますので、窓の位置にはいろいろと苦労しました。

壁の板が貼られて、窓が付いたのを見て窓の位置をもう一度確認してきました。
明るさは人によって感じ方が違うので一概には言えませんが、良い明るさが確保できたと思ってます。