一工夫ある化粧梁

化粧の梁の取り付けを行いました。

梁が付いたので1階天井のボードをどんどん貼っていました。

この梁にもこだわりがあります。
普通の梁を付けるのではデザイン的にも許せなかったので1面だけでも木の皮を削ったままの粗い仕上げのものを探してきました。
これもイメージ通りの仕上がりでひと安心です。

さらに造作が進み、大工さんはダイニングの造り付け収納の造作を行っていました。
この収納は扉まで全て造作ですので、図面を見ながら、細かい寸法の打合せを行ってきました。
分かりにくいところは小さな木で納まりを説明して大工さんにも良い意見をだしてもらいました。

玄関収納も造作なので、大工さんの仕事が多いですが、しっかりと打ち合わせていきます。

外部では外壁の中塗りを行いました。

仕上げはヨーロッパ漆喰ですので、下地はモルタル(セメントと砂と水を混ぜたもの)を塗っています。
またひび割れがおきにくいようにその上からファイバーメッシュ(白く見えるもの)を貼り付けています。
この下地が十分に乾いたころに、漆喰の施工を行っていきます。