階段の踊り場にアイアン手摺

現場では階段ができました。
この家で最も考えたのが、この階段でした。
図面でもいろいろと検討して考えた結果、このようなカタチになりました。

階段の踊り場部分のアイアン手摺や階段下を利用した収納、階段に吹き抜けを一緒にしてより開放的な空間にするなど、さまざまな要素があります。
アイアンの手摺が付くとまた雰囲気が変わると思います。

いよいよ大工さんの工事も明日か明後日には終わります。
作業のスピード・正確さなどとても腕のある大工さんで安心してまかせることができました。
来週には内装工事が始まります。
塗装屋さんやクロス屋さん、左官屋さんなどさまざまな業者の職人さんたちが入れ替わりで施工を行います。

大工さんの作業が終わった後、内外部の塗装下地の処理を行なっていました。
軒天と呼ばれる庇の下側や軒先の部分などを塗装する為に下地のバテ処理を行います。
また内部では内装ドアや窓枠を塗装する為、養生を行った後、塗装を行なっていました。

内装ドアの塗装は浸透性の自然塗料で行っています。
今日の打合せの時には、比較的長い時間いましたが、私の体には特に影響がなかったようです。

色目も思っていた通りの色で白の漆喰とのコントラストでとても良い感じに仕上がりそうです。
ヨーロッパ漆喰も来週から施工予定ですので完成がとても楽しみです。